Our Promise

PEOPLE 働く人々をしあわせに PEOPLE 働く人々をしあわせに

「KFCはピープルビジネス」だと考えています。
チキンを調理し、商品をお届けしているのは
他ならぬ「人」だからです。
お客さまを絶えずワクワクさせる
ブランドであり続けるためには、
従業員ひとりひとりが個性と力を存分に
発揮することが欠かせません。
KFCには「人」の活躍を支える
文化と制度があります。

人がブランドを創り、ブランドが人を創る

2020年にKFCは日本上陸50周年を迎えました。
どの時代も、KFCを支えてきたのは「人」でした。

ブランドを創る人の活躍

KFCでは、約37,000人(※)もの人がいきいきと活躍しています。KFC愛にあふれる人の想いをご紹介します。
(※)フランチャイズ社も含めたブランド全体での人数

何よりも大切なのは、
「人」の成長

長吉店店長/岡村 隆広

人の成長に全力をかけて

KFCは多くのパートナー(※)に支えられているので、人の成長を第一に考えて店舗運営をしています。心掛けているのは“毎日ひとつでもいいから、本人の為になる指導をする”ということ。お店の成長はもちろんですが、パートナーが社会に出たときに困らないようにという想いも強くあります。

創業者・先人の想いを受け継いで

“人の成長”を何よりも大切だと思うようになったのは、カーネル・サンダースや先輩方の影響です。彼らから受け継いだ想いを、後進の社員やパートナーに伝えていくことが、私の使命だと考えています。



(※)KFCでは、アルバイト従業員をパートナーと呼んでいます。

(※)KFCでは、アルバイト従業員をパートナーと呼んでいます。

従業員の笑顔がお客さまの
満足につながる。
だから、楽しく働ける環境を

竹の塚店副店長/冨田 恵美梨

楽しそうに働く姿が、入社の決め手

先輩方が楽しそうに働いていて、温かい会社だと感じて入社を決意しました。おいしさへのこだわりと伝統を受け継ぐ会社の社員となった今、“いつでも質の高いサービスを体験できる”店舗づくりをすることが、自分の役目だと考えています。

お客さまの満足は、従業員の満足から

お客さまをお迎えする際、私たち従業員の感情は表情や仕草に表れます。だからこそ、ひとりひとりが個性と能力を発揮して、楽しく働ける環境づくりが大切だと考えています。お客さまのために、仲間のために、活気ある店舗づくりに努めています。

“真似したい”と思われる
行動で受賞した
スーパーホスピタリティ賞

永福町店シフトマネージャー/木下 亜矢子

お客さまの満足が行動の指針

スーパーホスピタリティ賞の受賞を知ったときは驚きました。特別なことをしたわけではなく、どうしたらお客さまが気持ちよくお帰りになれるかを考えて行動してきました。パートナーに口頭で指導をすることもありますが、“真似したい”と思われる姿を見せ続けることを心掛けています。

真のホスピタリティを追求して

ホスピタリティに対する考え方は、人によって差があります。だからこそ見本となる姿を見せ続け、真似してくれるパートナーをひとりずつ増やしていきたいと考えています。従業員が心から楽しく仕事ができる環境は、お客さまの笑顔を引き出せると信じています。

もっと多くの方に
ケンタッキーのおいしさを
知ってもらいたい

マーケティング部/佐藤 香織

お客さまに“おいしさ”を知ってもらう責任

各種広告の制作や、テレビCMの放映コントロールを主に担当しています。テレビCMはお客さまとKFCの大切な接点なので、責任を持って取り組んでいます。商品が話題となり、多くのお客さまに楽しんでいただけたときは、心からうれしく思います。

ひとりでも多くの方に、
KFCでしあわせになってもらいたい

私はKFCと出会い、人生が大きく変わりました。仲間に支えられたこと、お客さまに喜んでいただけたこと、すべてがかけがえのない経験です。オリジナルチキンを始めとするKFC商品のおいしさを、ひとりでも多くの方に知っていただきたい。その想いが、私の原動力です。

人の活躍を支える制度

ひとりひとりが個性と力を存分に発揮できるように、活躍を支える制度を整えています。

ライフスタイルに合った
働き方を選べる
限定社員制度

通勤時間が短い分、
育児と仕事を両立できる

新座野火止店店長代行/佐々木 みゆき

「おかえりケンタッキー」でパートナーとして復職し、いずれは正社員になりたいと考えていました。当時勤務していたお店の店長から限定社員制度ができることを聞き、この制度を使って正社員になりました。この制度のおかげで、育児をしながら仕事も全力で楽しめています。

エリア・店舗限定社員

勤務する地域や店舗を限定できる。勤務時間数は通常の正社員と同じ。

日時限定社員

地域や店舗といった働く場所に加え、勤務曜日や時間を限定できる。

生活と仕事の両立が可能に
時短勤務制度

子どもの存在が、
仕事を頑張るパワーの源

アリオ川口店店長代行/川田 佳乃

時短勤務制度を利用し、産休・育休から復帰しました。この制度を利用して活躍している先輩の姿を間近で見ていたので、大きな不安もなく復帰することができました。店長になるという目標をあきらめずに、日々の業務に励んでいます。

時短勤務制度

育児だけでなく、介護中の社員も取得できる。利用者数は年々増加し、生活とのバランスを取りながら活躍する社員が増えています。

カーネル

KFCへの復職を支援する
おかえりケンタッキー

人の活躍を支える文化

自分を高め、仲間と共に高め合う風土は、KFCの財産です。

個々のやる気をさらに高める
賞賛の文化

仕事への徹底したこだわりの集合体

年間優秀店舗賞受賞
イオンモール高の原店店長/竹中 智

店長としてのこだわりがとても強いと、自分でも思っています。“よいお店をつくりたい”という私の想いに従業員が賛同してくれ、仕事を自分事化して考えて動くようになり、高の原店はパワーアップしました。パートナーが自発的に提案してくれることも増え、仕事へのこだわり、熱い想いが集まったからこそ、年間優秀店舗賞を受賞できたのだと思っています。

雇用情報

日本KFCホールディングスグループの雇用情報です。 
※2021年3月末日現在

 従業員数と男女比率

従業員数と男女比率

従業員数と男女比率

 KFCパートナー人数(パート・アルバイト)

約37,000名

約37,000名

 女性店長(比率)

女性店長9.9%

女性店長9.9%

 女性管理職(比率)

女性管理職11.9%

女性管理職11.9%

 時短勤務制度利用者数

時短勤務制度利用者数26名

時短勤務制度利用者数26名

 出産・介護休暇制度利用者数

出産・介護休暇制度利用者数15名

出産・介護休暇制度利用者数15名

2020年11月
「くるみんマーク」取得

社員の子育てを積極的にサポートする企業として、
厚生労働大臣の認定を受けました。

くるみん